キンレンカ

On 2012年4月16日 by Ako

★ エディプルフラワー

食用の花・・・Tropaeolum majus L. /キンレンカ : ノウゼンハレン科 一年草 

  原産地がアンデス山脈などの熱帯高地原産の為、25℃を超える暑さに弱く、寒さにも強くない

少し垂れ下がりめに大きくなるのが気になって今年、撒いてみましたら、双葉の水の受け具合が、

とてもかわいく、しばし見とれましたので・・・。

花言葉:愛国心

葉を食してみました・・・舌の先をさす辛味があります。肉食系には気にならなくても

草食系にはどうなのかな、フレッシュハーブティーにペッパーミントといっしょに入れてみました。

多分、ボリ爺博士なら、それで和むなら別に問題ないでしょう位かと・・・。

水の受け具合から、目に見えない繊毛があるのかな!

花はまだです。種子もまだ。よく、繁茂させるには7,8葉でTOPを摘む。花も長く咲かせ過ぎない

Tropaeolum tuberosum  トロバエオルム 地下に鶏卵大のイモ(根茎)をつくる

アンデス地方ではマシュアと呼ばれ食用とされる・・・手に入るかな。

効能:精力減退 ウッ、催淫作用が催眠作用だった私には、真逆が面白くていいですね!

 兵士が城内の女に手を出さないように食べさせたとあるので、

私など、墓石を枕に、起き上がれんのでは・・・!一人でこそこそ、食べてみますか!

ボリ爺博士にもきいてみたいな・・・!

アンデス、侮れません。

★★★ ボリ爺博士後日談:少しなら、問題ないのでは

     そうか、やっぱりですね

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

  • 人気のある記事

    • g7o
      梅ジャム

      普通、三ヶ月くらいで取り出す梅酒用の梅を浸けっ放しにしていたら、 梅酒の方に酸味が増してまろやかさが消えてしまいました。 やっと、昨日取り出しに成功。 梅ジャムづくりに時間を使いました。酸味が出ている分ジャムとしては成功...

    • g7o
      フレッシュハーブティー

      昨年12月に軒下に入れていたハーブを2週間ほど前に表に出しまして、 雨風の元、又今年もがんばって貰いますが、 アーティーチョークとペパーミントの昨年来の葉っぱを取って、 久しぶりにお茶しました。 相変わらずのアーティーチ...

    • g7o
      がんばる人たち

      3月18日は写真教室。 ギンコさん、圭ちゃん、ギンコさんのお知り合い、私の計四名が S先生にデジカメの講義を受けました。 それぞれのデジカメ、携帯、一眼レフ、タブレットと機種の違いはあれども 何とかなりました。写したい被...

  • こちらの記事もいかがですか?

    • DSC02553
      1/14 (土) 曇り空

      ミョウガの真空抽出HVE:オリーブオイル使用  舐めた結果、土の様子が水っぽいのかな ③、④ 漉しています   サラダか石ケンでしょうが、即使用ではなく数日後かな・・・                ドクダミ、スギナ、シ...

    • g7o
      Tussie-Mussieと花言葉

      中世ヨーロッパで時代を経て、花言葉を生み出し、 ハーブの花束を怖い流行病を寄せ付けない為に使っていた時代から 現代に至るまで人々を魅了して止みません。 ドライの花束に精油の匂いを沁みこませた蕾を作り出し、 この世にない中...

    • クラリンドウ
      10/27(月)

      やっと、開きました 今日は風があり、昨晩のにぎやかさも去って、 これで穏やかな夜が訪れれば、匂いも戻ってきます 秋口に二度も出し入れした結果だと、嬉しい・・・ 多分この花の落ちつく場所はここではない気がしています